5行で解説するサイト

ごぎょう

評判

ラッシュモールの評判|イルビゾンテは、本物なのか?

投稿日:

「ラッシュモール」で検索しようとすると、検索候補として、本物、楽天、偽物、トランポリン、amazon、yahoo、イルビゾンテといった単語が出てきます。

どうして、こういった単語が出てくるのか、その辺のところを調べてみました。

イルビゾンテとトランポリン

まず、イタリアの皮革製品ブランド「イルビゾンテ」とトランポリンという接点が無さそうな単語が、検索候補として出てくる点から解説します。

これはラッシュモールという同名他店があるのではなく、楽天市場店とPayPayモール店で扱う商品が違うため、このような結果になっています。

楽天市場店「ブランドショップ ラッシュモール」は、財布やバッグなどを扱っています。
PayPayモール店「ラッシュモール」は、フィットネス用品やアウトドア用品、生活雑貨を扱っています。
Amazonでも販売していて、こちらは両方の商品を扱っています。

いずれにせよ、運営しているのは、株式会社ブローバック。
大阪府東大阪市にある2009年創立の会社です。

主な事業は、輸出入貿易事業、雑貨卸小売・商品企画。

幅広く展開しているので、その一面が検索候補に出たのでしょう。
余談ですが、ラッシュモールで扱っているトランポリンはMRGのもの。
株式会社 MRG JAPAN は、大阪府東大阪市にある会社です。
住所的には、株式会社ブローバックの近所。

イルビゾンテは、本物なのか?

これを書いている時点で、ラッシュモールで取り扱っているイルビゾンテの品数は、10点くらいです。
ショップ的には、ポールスミスの方が売れ筋の模様。
どちらも「名入れ」が可能なのが、購入ポイントになっているのかも。

取り扱っているイルビゾンテ商品は、財布やキーケースで、価格は1万円未満が多いです。

株式会社ルックが運営する『IL BISONTE (イル ビゾンテ) 日本公式オンラインストア』と比較すると、下記の通り。

ラッシュモール 4,280円

日本公式オンラインストア 9,350円

5,000円近く安いので、「本物なのか?」と疑う人がいるでしょう。
「偽物」や「本物」で検索して調べた結果、検索候補として出るようになったと推測します。
ただ、5,000円近く安いのは、珍しくありません。

Amazonで検索すれば、公式より安い商品は山のように出てきます。
その商品名には[並行輸入品]と書かれているケースが少なくありません。

これがブランドショップ ラッシュモールが安い理由でしょう。
実際、Amazonでラッシュモールが扱う商品を探すと、「エリプス(Ellips) ヘアビタミン」などが出てきて、[並行輸入品]とあります。

「並行輸入」に関しては、下記リンク先で解説しています。
おそらく、そちらを見れば偽物じゃないのに安い理由、正規代理店の商品と少し違う理由が、わかるかと思います。

アイキャッチ用画像
並行輸入品とは|安い理由と正規品との違い

ポイント 並行輸入品≠偽物 日本より定価が安い国で仕入れれば、国内定価を下回れる 海外向けの商品なので、説明書が日本語じゃないことも 正規代理店のようなアフターサービスが受けられない場合がある 並行輸 ...

続きを見る

ブランドショップ ラッシュモールの評判

ブランドショップ ラッシュモールは、幾つかのショッピングモールに出店しています
各店の評判や評価は、下記リンク先で確認できます。

「楽天市場店」のレビュー・口コミ

「Amazon店」の評価

「PayPayモール店」のストア評価

ブランドショップ ラッシュモールの取り扱い商品

取り扱い商品カテゴリーは、財布、キーケース、カードケース、アパレル、アクセサリー、バッグ、コスメなど。

ブランドは、アニエスベー、アルマーニ、バッハ、ブルーレーベル・クレストブリッジ、ボッテガ・ヴェネタ、バオバオ、クレストブリッジ、ベルルッティ、ブルガリ、ルブタン、カラーズ、カルバンクライン、クロス、シャネル、カルティエ、ダンヒル、ディーゼル、フェンディ、グッチ、ジバンシー、エルメス、フーシアトラ、イルビゾンテ、ジルスチュアート、ジャスティンデイビス、カイリジュメイ、ラッシュ、マークジェイコブス、アウトドアプロダクツ、ポールスミス、ペリカン、リモワ、ロイヤルオーダー、サマンサ&シュエット、サマンサキングズ、スワロフスキー、デュポン、ティファニー、アンダーアーマー、ヴィヴィアン・ウエストウッド、ウォーターマン、ジッポ、ゼロハリバートンなど。

-評判
-, ,

Copyright© ごぎょう , 2020 All Rights Reserved.