5行で解説するサイト

ごぎょう

評判

切手の買取額をネットで調査|バイセルで高く売れそうなのは?

投稿日:

出張買取の「バイセル」を調べた際、切手も買い取ってると知り、家にあるのを確認しました。

知人からもらった切手のほかに、家族が集めていたのも出てきたので、ネットで画像検索したところ、名称と販売価格がわかりました。
他にも色々とわかったことがあったので、簡単にまとめています。

最初に断っておきますが、切手事情に詳しくない人間が書いていますので、切手通向けではありません。

家にあった切手

切手帳その1

家族が持っていた切手帳は、保護用シート付きなので、ハッキリとは見えません。
取り出して見ればいいんでしょうけど、なんだか触るのが怖くて、写真を撮るだけにしました。

価値がわかるまで、迂闊に触っちゃいけない。
そんな気持ちもあったので。

集めていた本人からは、「昔のオリンピックのとか、変なデザインだから」と言われましたが、個人的にはレトロなデザインは好きです。

切手帳の写真は、当ページの最後にもありますので、切手を眺めたいだけの人は、最後まで飛ばしてください。

販売価格をネットで確認

写真の切手をネットで調べてみたところ、肩を出している女性の切手は「近代美術シリーズ 13集 あやめの衣(1982年発行)」で、販売価格は110円でした。
この価格は「スタマガネット」というサイトのものです。
60円切手なので、プラス50円の価値。発行枚数は、2,800万枚。

ほっぺが丸い切手は「近代美術シリーズ 第14集 弁財天妃の柵(1982年発行)」で、ヤフオクでは70円で落札。発行枚数は、2,800万枚。

他の60円切手も近代美術シリーズで、名称は「第13集 普陀落山観世音菩薩像」「第14集 サルタンバンク」「第15集 吹雪」「第16集 老猿」でした。

20円切手は、1973年の切手趣味週間「住吉詣」で、スタマガネットでの販売価格は40円。
発行枚数は、5,000万枚。

発行枚数は「ケネディスタンプクラブ」のデータを参考にしています。

1枚の価格では安くても、シートの状態で残っていると、高くなるようです。そして、シリーズものは全種類を集めることで、より価値が高まります。

※ 価格は切手の状態にもよります。基本、美品クラスの価格。

切手シートのサンプル

ガンダムの切手

切手シートは、個別に切り離されていない状態の切手のこと。
我が家にあったシート状態のは、上の写真のものだけ。

「アニメヒーロー・ヒロインシリーズ 第2集 機動戦士ガンダム」の切手シートで、ケネディスタンプクラブでの販売価格は2,000円。
発行枚数は、130万枚。販売時の倍以上の値段になっています。

販売価格の調べ方

切手

価格の調査には、Googleの画像検索を使用しています。
画像ソフトで切手1枚分を切り抜き、画像検索の画面で、所定の場所に画像を持っていくだけ。

これで販売サイトに辿り着くか、コレクターのサイトに辿り着き、価格や名称がわかれば調べられます。
ものによっては、検索しても見つけられないこともあるでしょう。

上の切手は、知人からもらったものです。
これも調べてみたところ、正面を向いている女性は、「1987年 切手趣味週間 髪梳ける女・化粧の女」の片方。
橋口五葉の2種連刷なので、2枚1セット。揃っていれば、250円でした。
発行枚数は、2,500万組。1シートで1,000円。

新幹線は、「戦後50年メモリアルシリーズ 第3集 高度経済成長(新幹線・高速道路)」の切手。
発行枚数は、2,200万組。1シートで1,200円。

早稲田大学の大隈講堂の切手は、ふるさと切手という名称。
2001年の発行で、枚数は不明。
80円×20枚の1シートで、2,000円でした。

販売価格はケネディスタンプクラブのものです。
当然、買取価格は それより安くなるでしょう。
ケネディスタンプクラブの買取では、売った分の支払金額から振込手数料が引かれますので、レアものがないなら、普通に切手として使う方がいいかも。
買取時の宅配便は着払いか、それとも発払いか記述がなかったので、その辺は不明。事故防止の為、普通郵便では受け付けていない模様。

正直、切手の買取額は そんなに高くないんだなという印象です。
切手に書かれた数字より少し高いくらいで、発行枚数が多いものほど、その傾向が顕著な気がしました。

バイセルで高く売れそうな切手

レアな切手

上の写真は、バイセルが素材として提供しているもの。「BUYSELL」のウォーターマークが入っているのは、そのため。
素材として出しているので、買い取りたい候補と見ていいでしょう。

左は「昭和29年用 お年玉年賀切手 三春駒 小型シート」で、ケネディスタンプクラブでは5,000円、マルメイトでは11,000円。
シートじゃない価格は、スタマガネットで1枚1,230円。

真ん中は「昭和28年用 三番叟人形 年賀切手小型シート」で、ケネディスタンプクラブでは9,000円、マルメイトでは美品12,000円、並品3,500円。

右は「昭和27年用 おきなの面 年賀切手小型シート」、ケネディスタンプクラブでは13,500円、マルメイトでは美品14,000円、並品4,000円。

このくらいの価格帯になると、「開運!なんでも鑑定団」でも見ている気分に。
上記のサイトのほかに、日本郵便趣味協会や収集ワールド、切手買取屋でも、画像付きで調べられます。
切手買取屋の額は評価額なので、「いくらで売れるのか」の目安になるかも。

海外の切手

赤猿の切手

切手の販売価格を調べるまで、海外の切手も買い取られているとは、思いもしませんでした。
しかも、高額。

上の切手は「中国郵政 年賀<申> 8分」で、通称 赤猿。
中国の通貨は人民元ですが、「1元=10角=100分」なので、「分」は安いです。
この文章を書いている今、1元は15.10円……。
ケネディスタンプクラブでは、120,000円で販売。
それもそのはず、下記のような記事があるくらい……。

赤猿は、バラの状態でも状態良好なら一枚で10万円を超える場合もある買取価格が付くプレミア切手の代表格です。
参照元:【赤猿切手買取】相場の高騰はいつまで続く?赤猿切手が高く売れる理由|バイセル(BUYSELL)

バイセルの切手買取実績ページには、100万円超えのコレクションとかありますが、高額で買い取られているのは基本、シートで保存されたもの。
詳しくは下記リンク先で。

バイセルの評判

バイセルの評判に関しては、前に調べているので、下記リンク先をご覧下さい。

バイセル
出張買取「バイセル」の評判|買取金額の目安

「バイセル」で働いてる人と話す機会があったので、そこで訊いたことと、後で気になって調べたことを書いてみました。 バイセルでは、ブランド品、着物、切手、貴金属、宝石、家電などを買い取っていますが、訊いた ...

続きを見る

無料の出張買取を全国展開できる理由も調べてあります。

※ バイセルでは宅配買取、お持込み買取もしています。

おまけ

書き損じはがきや切手は、郵便局で交換できます。
交換手数料がかかりますが、切手、ハガキ、封筒などが交換対象です。
売っても大したことがなさそうな切手は、新しいのと交換してもらうのも、選択肢の一つですかね。

また、企業のサービスを利用した買取ではなく、フリマアプリなどによる個人間売買という手もありますが、消費者庁によると相談件数が増えています。
その内容は、「フリマアプリ等で購入したブランド商品が偽物だった」「商品を発送し、配送事業者が配送済みであることを確認しているが、購入者が“商品が届かない”と主張」等々。
詳しくは、下記リンク先にて。

→「最近の消費者トラブルの概況

なので、「確実に売りたい」のなら、企業のサービスを利用する方がいいかも。

切手帳の写真の続き

最後に、切手帳の写真の続きです。

切手帳その2

切手帳その3

切手帳その4

切手帳その5

切手帳その6

切手帳その7

-評判
-

Copyright© ごぎょう , 2019 All Rights Reserved.