5行で解説するサイト

ごぎょう

評判

【2021年版】ヘッドホンの売れ筋|おすすめ商品の評判を探る

投稿日:

通販サイトの売れ筋ランキングに入っている「ヘッドホン」の評判を調べてみました。

最初に断っておきますが、これを書いているのは、あまり音にこだわりがない人間です。
これから買う際のメモとして書いていますが、判断基準が少しずれているかもしれません。

また、ヘッドセットは既に記事にしています。

no image
【2020年版】売れ筋ヘッドセットの評判と口コミ|マイク付きヘッドホン

通販サイトの売れ筋ランキングに入っている「ヘッドセット」の評判や口コミを調べてみました。 ヘッドセットは、ヘッドフォンやイヤホンとマイクがセットになったもの。 「相手の声を聞く」+「自部の声を相手に届 ...

続きを見る

楽天市場の売れ筋

楽天市場の売れ筋は、「楽天市場トップ」⇒「ランキングトップ」⇒「TV・オーディオ・カメラ」⇒「オーディオ」⇒「ヘッドホン・イヤホン」と下っていけば見られますが、上位にあるのはイヤホンのみ。
下るのが面倒な人は、下記リンク先をクリック。

⇒「楽天市場の売れ筋ランキング(ヘッドホン・イヤホン)

期間は、「リアルタイム」「デイリー」「週間」と絞れます。「月間」は選択不可でした。
以下の文章は、記事作成日である2021年4月の週間データを元に書いています。

記入の順番は、順位、商品名や型番、価格、販売ショップ名(ショップレビュー評価)です。
※ 商品レビューは件数が少ないので、ショップレビューにしています。

ある日のランキング

1位:SONY WH-1000XM4 BM 33,050円 eイヤホン(4.73)
5位:SONY WH-1000XM4 SM 33,050円 eイヤホン(4.73)
17位:SONY WH-1000XM4 BM 33,044円 楽天ビック(4.41)
51位:SONY WH-1000XM4 BM 33,050円 Joshin web(4.53)
54位:ゲーミング ヘッドセット 2,480円 フォレストサン(4.52)
55位:OneOdio FuSion ヘッドホン 5,480円 OneOdio Japan(4.98)
70位:BOSE NOISECANCELLING HEADPHONES 700 46,750円 ボーズ(3.53)
82位:Mpow H7 ヘッドホン 2,999円 エムパウジャパン(4.58)
102位:ag AG-WHP01KDG ヘッドホン 9,800円 eイヤホン(4.73)
140位:ag AG-WHP01KBK ヘッドホン 9,800円 eイヤホン(4.73)

スマホとペアリングして使う人が多いせいか、圧倒的にワイヤレス・イヤホンが優勢のランキングとなっていました。
その中で、上位に食い込んでいたのはソニーのワイヤレス・ヘッドホン。
どこも33,000円台で、その差は数円。

ショップ単位で見れば、「eイヤホン」が支配的。
商品ページの解説も多いので、オーディオ関連の商品を探すなら、このショップになるのは、わかる気がします。私も買ったことがあるので。

ソニーのヘッドホンを除けば、あとは50位以降。
中にはヘッドセットもランクインしていますが、3,000円前後の中華系オーディオ機器はスルー。
OneOdioも、会社の住所を見れば中華系なのがわかります。
Mpowは、会社サイトによれば、2013年にアメリカ カリフォルニア州に拠点を構えてスタートした模様。

agは、株式会社finalのブランド名。
声優とコラボした「ナミじゃない極みイヤホン」や、エヴァンゲリオンとのコラボ商品を出しているところ。

「eイヤホン」で探す

初耳な上に安いメーカーの商品をAmazonで調べ、サクラチェッカーを利用すると、大半が「危険」と表示されるでしょう。

そういう意味で、楽天市場のランキングを見て思ったのは、よく売れている「eイヤホン」のショップページに行って探すのがベターということ。
変なのは扱っていないでしょうし……。
商品ページの作り込み具合で、その商品に対する店員の熱量がわかりやすいですし……。

「eイヤホン楽天市場店」のレビュー・口コミ

Amazonの売れ筋

Amazonの売れ筋は、「Amazonトップ」⇒「ランキング」⇒「家電&カメラ」⇒「オーディオ」⇒「イヤホン・ヘッドホン本体」⇒「オーバーイヤーヘッドホン」と下っていけば見られます。
取り上げるのは「オーバーイヤーヘッドホン」ですが、「オンイヤーヘッドホン」もあります。
オンイヤーは耳に乗せる、オーバーイヤーは耳を覆うタイプ。
個人的には音漏れを気にするので、オーバーイヤーヘッドホンをチェックしています。

下るのが面倒な人は、下記リンク先をクリック。

⇒「Amazonの売れ筋ランキング(オーバーイヤーヘッドホン)

ランキングは、1時間ごとに更新されています。
以下の文章は、記事作成日である2021年4月のデータを元に書いています。

記入の順番は、順位、商品名、価格、販売ショップ名(所在地)です。
販売ショップが複数ある場合は、1番安いショップにしています。

ある日のランキング

1位:SONY WH-1000XM4 BM 32,100円 car &electronics.shop(山梨県)
2位:Anker Soundcore Life Q30 8,990円 AnkerDirect(東京都)
3位:Mpow ヘッドホン H7 2,999円 Topyo JP(広東省)
4位:OneOdio ヘッドホン FuSion A7 4,488円 WIWU正規代理店(香港)
5位:VANKYO C750 ヘッドホン 黒 4,999円 All in VAN(メリーランド州)
6位:SONY WH-1000XM4 SM 32,207円 PENTACT JAPAN(東京都)
7位:ゼンハイザー オープン型ヘッドホン HD 599 SE 中古品のみ
8位:audio-technica ヘッドホン ATH-250AV 1,427円 Amazon.co.jp
9位:VANKYO C750 ヘッドホン シルバー 4,999円 All in VAN(メリーランド州)
10位:Anker Soundcore Life Q10 3,999円 AnkerDirect(東京都)

結局、ソニーですね。
楽天市場のランキングにもあった「Mpow」と「OneOdio」もあります。

こちらで目立つのは「Anker」「VANKYO」です。
Ankerは充電関連商品でよく見るメーカーですが、VANKYOは初耳。
会社サイトのアドレスは「https://ivankyo.com/」で、返品先に指定されているのはアメリカのメリーランド州にある倉庫。
会社の創設は2017年で、チームのコアメンバーには、ファーウェイ、レノボ、DJI、PWC、UBTechがいるそうです。
関わっている企業的に、広東省深センですね。

あとは中古のゼンハイザーと、手頃で一般的なオーディオテクニカ。
ショップの所在地が日本の場合でも都道府県を記載していますが、企業ではなく個人の出店も含まれています。

まとめ

「ソニーのヘッドホンが売れている」のを理解した調査でした。

あとはまぁ、オーディオ系でも中華系の安価なものが市場を席巻し、その商魂と展開の速さを印象付けられた感がありますね。

ワイヤレスだと技適マークの問題があるので、安易に手を出すべきではないでしょうが、聞き慣れない謎メーカーの商品に手を出し、レビュー動画をアップしている人を見ると、それはそれで楽しいような気もしてきます。

再生数を稼いだら、速攻でリサイクルショップ行きかもしれませんが……。

-評判

Copyright© ごぎょう , 2021 All Rights Reserved.