5行で解説するサイト

ごぎょう

評判

【2020年版】売れ筋ヘッドセットの評判と口コミ|マイク付きヘッドホン

更新日:

通販サイトの売れ筋ランキングに入っている「ヘッドセット」の評判や口コミを調べてみました。

ヘッドセットは、ヘッドフォンやイヤホンとマイクがセットになったもの。
「相手の声を聞く」+「自部の声を相手に届ける」機能が付いています。
いわゆる「マイク付きヘッドホン」ですね。

楽天市場の売れ筋

楽天市場では、「楽天市場トップ」⇒「ランキングトップ」⇒「パソコン・周辺機器」⇒「ゲーム用機器ランキング」⇒「ゲーミングヘッドセット」と下っていけば、ゲーム向けのヘッドセット・ランキングが見られます。

他に、「ランキングトップ」⇒「 スマートフォン・タブレット」⇒「ヘッドセット・イヤフォンマイク」と下っていけば、スマホ向けのヘッドセット・ランキングが見られます。

期間は、「リアルタイム」「デイリー」「週間」と絞れます。「月間」は選択不可でした。
以下の文章は、記事作成日である2020年4月の週間データを元に書いています。

⇒「楽天市場の売れ筋ランキング(ゲーミングヘッドセット)

※ スマホ向けのヘッドセットのランキングは後述。

謎メーカーの台頭

上位に食い込んでいるモデルのメーカーは、KOTION EACH、ARKARTECH、Hunterspider
Tenswall、ONIKUMA、ロジクールなど。
ロジクール以外、聞いたこともないメーカーです
ちなみに、ロジクールは「Gaming Headset G331」がランクインしていました。

先の謎メーカーですが、KOTION EACHとARKARTECHは形状が似ているうえに、モデル名もG2000と同じ。
中国のメーカーによくあることです。トイカメラなら、「OtotaCam」「COOING」が「ルボエ」と同じ型だったりします。

KOTIONのヘッドセットに関しては、「Beexcellent」のサイトに行けば、深セン市にある2006年設立の企業だとわかります。
※ 「セン」の字は、「つちへん」に「川」ですが、変換できないのでカタカナにしています。

製品ラインナップには、商品ページで見た形状のモデルがズラリ。
先のトイカメラもですが、似たような形状の商品を違うメーカー名で出すのは、よくあること。発注元が違うだけで、作っている工場が同じなんでしょうか。

Arkartechも、深セン市にある企業です。Hunterspiderという名称でも展開しています。
Tenswallも同様。
ONIKUMAも……。

商品のレビューを見ると、「安い割に良い」「ハウリングする」「声が途切れる」など意見は様々ですが、悪い点数には なっていません。

「Logicool(ロジクール)」は、スイスに本社がある会社です。
マウスやキーボードで、お馴染みですね。

楽天では、「伝説City」というショップが、よくランクインしていました。
ショップの評価は、下記リンク先にて。

⇒「伝説Cityの評価

イヤフォンマイク

⇒「楽天市場の売れ筋ランキング(イヤフォンマイク)

QCY-T1 ワイヤレスイヤホン 第2世代、Apple AirPods……。
メーカーを特定できるのは、これくらい。
あとはハッキリ言って不明。
似たような作りのワイヤレスイヤホンが多い印象です。

一応、どれも技適マークはある模様。
日本ローカルな規格ですが、これがないとダメなんですよ。

技適マーク

技適マークは、電波法で定めている技術基準に適合していることを証明するマークです。
対象となるのは、特定小電力のトランシーバー、家庭で使用する無線LAN、コードレス電話などの無線機。そして、スマートフォンやBluetooth イヤホン。

技術基準適合証明等を受けた機器の検索は、総務省の電波利用ホームページで可能です。

QCYブランドは、日本ではMIRISE株式会社が展開しています。

2012年、QCYの親会社である東莞市和楽電子有限公司は、CSR(英国)、三菱(JP)、Murata(JP)、Knowles(米国)、Future Power(CN)等国内外の電子部品メーカーと提携し、協力関係を締結しました。
引用元:QCYブランドについて|QCY日本法人 Mirise株式会社

Amazonの売れ筋

Amazonの売れ筋は、「Amazonトップ」⇒「ランキング」⇒「パソコン・周辺機器」⇒「ウェブカメラ・IP電話機器」⇒「PC用ヘッドセット」と下っていけば見られます。

ランキングは、1時間ごとに更新されています。
以下の文章は、記事作成日である2020年4月のデータを元に書いています。

⇒「Amazonの売れ筋ランキング(PC用ヘッドセット)

ある日のランキング

1位:ロジクール ヘッドセット H111r 在庫なし

2位:ARKARTECH G2000 3,380円

3位:Yamay Bluetooth ヘッドセット 4,998円

4位:Beexcellent PC ゲーミングヘッドセット 在庫なし

5位:ロジクール ヘッドセット H340r 8,999円から

6位:エレコム ヘッドセット HS-HP28UBK 5,980円から

7位:iBUFFALO BSHSUH13BK 1,574円

8位:エレコム ヘッドセット 2,350円から

9位:エスエスエーサービス ST35-SM35MS(マイク用ケーブル)

10位:FantasyRe_JP ヘッドセット 2,399円

馴染みがあるところでロジクール、エレコム、iBUFFALO。
iBUFFALOは、メルコグループの周辺機器総合ブランド「BUFFALO」の兄弟ブランドです。

ARKARTECH、Beexcellentは、楽天ランキングで解説しました。中国のメーカーですね。
FantasyRe_JPも、販売元を見たら上海でした。
Yamayは、深セン市ですね。スマートウォッチを出しているところです。

割と在庫がないケースが多いので、ロジクールやエレコムのヘッドセットで検索して、出てきた中から選ぶことになりそう……。あとは、サンワサプライとか。

ヨドバシ.comの売れ筋

ヨドバシ.comの売れ筋は、「ヨドバシ.comトップ」⇒「パソコン」⇒「ゲーミングPC・デバイス」⇒「ゲーミング周辺機器」⇒「ゲーミングヘッドセット」と下っていけば、『「今売れている最新のゲーミングヘッドセットランキング」はこちら』というリンクがあるので、その先で見られます。

ランキングは、特定の時間に更新されているようで、一日のうちで何度か変わります。

⇒「ゲーミングヘッドセット ランキング

ある日のランキング

1位:キングストンテクノロジー HXR-HSCS-BK/AS 6,090円

2位:ロジクール G-PHS-002 9,980円

3位:キングストンテクノロジー HXR-HSCSC-BK 5,630円

4位:RAZER RZ04-02830100-R3M1 8,980円

5位:HP H220S 2,980円

6位:ゼンハイザー 506080 24,030円

7位:CREATIVE SBX-H3 3,970円

8位:ロジクール G533 11,990円

9位:CREATIVE SBX-H6 7,540円

10位:ロジクール G331 5,200円

「在庫残少」「お取り寄せ」ステータスが少なくなかったです。

にしても、他に比べると単価が高いですね。

こちらは、その日のうちに何度も変わるランキングなので、ランクインした商品を掘り下げることはしません。

とはいえ、気になるメーカーはありました。
キングストンテクノロジーとCREATIVE。

キングストンテクノロジーは、アメリカに本社があるメモリモジュール製造メーカー。
CREATIVEは、シンガポールに本社があるマルチメディア機器製造企業。
こちらは、ロゴを見れば「あぁ……」な感じ。

なお、ゼンハイザーはドイツの音響機器メーカー、RAZERはアメリカにあるゲーミングデバイスメーカー。
ヨドバシは、中国系がランクインしていないので、価格帯が高いのかも。

USBマイク&スピーカーフォン

「テレワークするために、マイクだけ欲しい」という人には、イヤホンやヘッドホンは不要。
音声が入力できるマイクさえあれば、カメラはPCに付いているし、音も出るので問題ないでしょう。

ということで、「USBマイク」と「スピーカーフォン」の売れ筋も見ようとしましたが、こちらは「PCアクセサリー」扱いだったり、「オーディオ」扱いだったりと、楽天市場ではジャンルが定まっていないので、探しにくい……。

強いてあげれば、楽天市場は「パソコン・周辺機器」⇒「PCアクセサリー」⇒「その他」のランキングでしょうか。

⇒「USBグッズランキング
※ リンク先でジャンルを「その他」に絞ると、見つけやすくなるかも。USBアダプタも同じ枠なので、探しづらいのは変わりませんが。

会議用のマイクが欲しい場合は、スピーカーフォンをチェック。
「TV・オーディオ・カメラ」⇒「スマートスピーカー・AIスピーカー」のランキングが参考になるかも。
まぁ、スマートスピーカーも一緒なので、やっぱり見づらいですが……。

⇒「スマートスピーカー・AIスピーカーランキング

それに対し、Amazonは「PC用マイク」という枠があるので、見やすいですね。

⇒「PC用マイク の 売れ筋ランキング(Amazon)」

ヨドバシ.comも、PC用マイク ランキングがあるので探しやすいです。

⇒「PC用マイク ランキング(ヨドバシ.com)」

あとは、固定して使いたいならスタンド型、服に付けたいならクリップ型、会議ならフラット型と、用途に合わせて探していけばいいのかなと。
また、家族と暮らしている人などは、余計な音が入らないよう 指向性を気にした方がいいでしょう。
一人暮らしで音質を気にしないなら、別にパソコンの内蔵マイクでも……。

-評判

Copyright© ごぎょう , 2020 All Rights Reserved.