5行で解説するサイト

ごぎょう

評判

【2020年版】売れ筋スマートウォッチの評判と口コミ|おすすめを探る

投稿日:

通販サイトの売れ筋ランキングに入っている「スマートウォッチ」の評判や口コミを調べてみました。

最初に断っておきますが、これを書いているのは、スマートウォッチを買ったことがない人間です。
これから買う際のメモとして書いています。

楽天市場の売れ筋

楽天市場の売れ筋は、「楽天市場トップ」⇒「ランキングトップ」⇒「スマートフォン・タブレット」⇒「スマートウォッチ本体」と下っていけば見られます。
下るのが面倒な人は、下記リンク先をクリック。

⇒「楽天市場の売れ筋ランキング(スマートウォッチ本体)

期間は、「リアルタイム」「デイリー」「週間」と絞れます。「月間」は選択不可でした。
以下の文章は、記事作成日である2020年11月の週間データを元に書いています。

ある日のランキング

1位:1.54インチ画面 IP68防水 3,980円 Dukkore

2位:1.4インチ画面 IPX67防水 3,970円 スマホサービス

3位:1.4インチ画面 IP68防水 3,980円 夢の森

4位:itDEAL 0.96インチ画面 IP67防水 3,996円 朝廷屋

5位:Xiaomi Mi スマートバンド5 5,380円 StarQ-Online

6位:0.96インチ IPX68防水 2,780円 Ewin

7位:Xiaomi Mi Band5 5,380円 KARA FULL

8位:IPX68防水 3,504円 Comomo 1s

9位:Xiaomi Mi スマートバンド5(日本語ガイド) 5,380円 JOY-MI

10位:0.96インチ IP68防水 2,780円 Lively life

メーカー名が不明なものが多いので、比較しやすい画面サイズを表記しています。
1.0インチを超えるのは正方形型、1.0インチ未満は縦長の長方形タイプ。

どれも防水機能がウリの1つで、IP67防水かIP68防水でした。
IPは、international protection の略。
「6」は防塵性能、「7」は防水性能の等級を示します。
防塵が「6」なら、粉塵が内部に侵入しないレベル。
防水が「8」なら、連続的に水中に置いても有害な影響がないレベル。「7」だと、一定の水圧で30分間 水中に浸けても有害な影響がないレベル。

メーカー名が把握できるのは、Xiaomiくらいでした。
中華人民共和国北京市に本社を置く総合家電メーカーです。
他のランクイン商品も中国製なので、一国独占状態。

販売しているショップは、輸入系の企業や代表者名が三文字の企業もあれば、住所がマンションの一室というケースも……。

購入時のポイントとなるのは、まずは着用サイズ。
フィットしないと意味がないので……。
次に、対応機種、充電のしやすさと使用時間、それから機能でしょうか。
電波を利用する商品を日本で使うには、技適マークが必須なので、その辺はクリアしているでしょう。たぶん。

各商品のレビューを見ると、5点満点中4点台前半と、3点台後半に分けられますね。
メーカー名が不明の商品より、メーカー名がわかる方が高い。そんなところでしょうか。

Amazonの売れ筋

Amazonの売れ筋は、「Amazonトップ」⇒「ランキング」⇒「パソコン・周辺機器」⇒「スマートウォッチ」と下っていけば見られます。

ランキングは、1時間ごとに更新されています。
以下の文章は、記事作成日である2020年11月のデータを元に書いています。

⇒「Amazonの売れ筋ランキング(スマートウォッチ)

ある日のランキング

1位:Xiaomi Mi Band5 4,439円 STARQオンライン

2位:Yamay 0.96インチ IP68防水 2,548円 South JP

3位:Apple Watch Series3 21,780円 Amazon販売

4位:Apple Watch SE 32,780円 Amazon販売

5位:itDEAL 0.96インチ IP67防水 2,980円 New watch 日本正規代理店

6位:1.3インチ丸形フルタッチ画面 IP68防水 4,977円 GUYU-JPGUYU-JP

7位:Fitbit InspireHR 10,908円 Amazon販売

8位:Xiaomi Mi Band5 グローバル版 4,473円 Cos RuRu Online

9位:Apple Watch Series6 50,380円 Amazon販売

10位:Xiaomi Miband5(日本語取扱説明書) 4,980円 ufufu 株式会社アースリボーン

アップルウォッチとXiaomiが人気ですね。

興味深いのは「STARQオンライン」の存在です。
楽天市場でもランクインしていたショップで、会社名はTJC株式会社。
価格はAmazonの方が安いですが、これはポイント分ですかね。

第6回 TJC株式会社 代表取締役社長 程 鵬旭さん

ヨドバシ.comの売れ筋

ヨドバシ.comの売れ筋は、「ヨドバシ.comトップ」⇒「時計・ジュエリー」⇒『スマートウォッチ・ウェアラブル端末 ランキングを見る』というリンクがあるので、その先でカテゴリを「スマートウォッチ」に絞ると見られます。
「ライフログ・アクティブトラッカー」のカテゴリだと、画面が縦長タイプのものばかりに。

ライフログ・アクティブトラッカーは、活動量計。
運動量の計測や健康管理に特化したアイテムで、その形状は定まっていません。
そこが「ウォッチ」との違いでしょうか。
活動量計にはクリップ型もありますが、今はリストバンド型が売れ筋のようです。

ランキングは、特定の時間に更新されているようで、一日のうちで何度か変わります。

⇒「スマートウォッチ ランキング

ある日のランキング

1位:Apple Watch SE 44mm 36,080円

2位:Apple Watch Series6 44mm 50,380円

3位:Apple Watch SE 40mm 32,780円

4位:Apple Watch Series3 38mm 21,780円

5位:Apple Watch Series3 38mm 21,780円

6位:Apple Watch Series3 42mm 25,080円

7位:Huawei TIA-B09 15,180円

8位:Apple Watch Nike SE 44mm 36,080円

9位:SAMSUNG SM-R220NZKAXJP 6,600円

10位:Apple Watch SE 44mm 36,080円

アップルウォッチだらけで、面白みがありませんね。
HuaweiとSAMSUNGも入ってますが、下位に1本だけなので、実質アップルウォッチ・ランキングと言っていいでしょう。

ヨドバシでは「Apple Watch ランキング」が別にあるので、こちらはアップルウォッチ抜きの順位にした方が、参考にし易かったかも。

まとめ

楽天は謎の中華メーカー・ランキング、AmazonはアップルウォッチとXiaomiのランキング、ヨドバシはアップルウォッチ・ランキングでした。

購入単価の違いと言いますか、購買層の違いを見せつけられた気がします。
どんなものか試してみたいなら、楽天で安いのをチェック。それで、より良いのが欲しくなったら、もしくは予算に余裕がある人は、1万円超えに手を出す……。
そんなところでしょうか。

なお、アップルとグーグルのスマートウォッチ案内ページは次の通り。

Apple Watch用のOS「WatchOS」

Androidに対応する「wear OS by Google」

 

-評判
-

Copyright© ごぎょう , 2020 All Rights Reserved.